読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京の楽しみ方~月三万円で豊かに生活~

お金は無いですが、東京を楽しみましょう。

スポーツジムで節約生活 良いことづくめのジムライフ 24時間ジムの裏ワザ

スポンサーリンク

東京にはたくさんスポーツジムがあります。

最近では24時間型の事務も一つの街に2~3はあるのが当たり前になってきています。

日本人の生活にもスポーツジムが深く関わってきているのが実感できます。

今回はスポールジムはメリットしかないということを述べていきます。

 東京は、現在過剰なまでにスポーツジムができています。

24時間の小さなジムから大手スポーツジムまで、無い街がないほど充実しています。

 

メリット①シャワー代金、サウナ代金が無料 大きなお風呂に毎日入れます。

一番のメリットです。一人暮らしで毎日風呂に入るとなると、すごいガス代がかかります。また、小さな風呂では体が休まりません。

東京都内の大手事務では、大きなお風呂、サウナがあるのが一般的です。毎日行っても定額制なので、そういう目的の人もたくさんいます。また、シャンプー、ボディーソープも無料なので、とても経済的です。

料金は、大手で月1万円前後、ナイトプラン、平日プランなど、ライフスタイルに合わせたプランがあるのが一般的なので、更に安くなります。また、学生や30才以下の方なら更にリーズナブルになるジムもあります。

 

メリット②健康体と筋肉を手に入れられます。

本来の目的です。定額制で、色々な器具を使用できます。また、インストラクターもいるので、正しいトレーニング方法を学ぶことができます。変化していく自分の体を見るのはとてもやりがいがあり、充実感を得ることができます。ボディビルダーの気持ちが少しわかります。ジムによってはプールがあるところもあります。当然、トレーニングだけでは筋肉はつかないので、筋トレ後、30分以内にタンパク質を摂取することが大切です。

 

メリット③コミュニティの形成

筋トレ好き、異業種の友人作りの場所ともなっています。人によっては出会いの場所となっている人もいるかもしれませんが、普段出会わないような人と出会う刺激は良いことだと思います。

 

メリット④夏場の東京巡りの休憩所

これは24時間ジム限定ですが、ジムによっては全店舗利用可能、または追加料金で使用できる場合があります。夏場の東京散歩は汗がダラダラになります。そんな時の休憩所&シャワースポットとして重宝できます。例えば、中野の職場で仕事帰りに使用したり、国分寺の自宅近くでも使用したり、休日で府中の競馬帰りにむしゃくしゃして筋トレしたりと、複数店舗を持つチェーン型24時間の小さなジムだと、色々な場所を利用できたりします。

 

このように東京在住者にとってスポーツジムはメリットが多いのです。最近の若い人は筋トレに対し、拒否反応がなくなっています。昔は部活で水分を取るな!うさぎ跳びをしろ!など、理不尽で理にかなっていないことを普通にしていた文化でしたが、ネットの普及により、正しい知識が若い人中心に浸透してきました。筋トレがルーティンの文化になっていくことを期待します。